2015-02-07 18:29 | カテゴリ:イラスト
まとまった作品じゃありませんが
ラーメン屋にて

今現在、自分の作品は基本4コマなのですが
やはりそれだと表現しきれない部分があるのも事実です。
なのでストーリーやオチを意識しない「シチュエーション」のみのコマ割りマンガを描いてみました。

・・・まあ、本来は人にお見せする価値のない「甘えた」作品ですね。
できたら最低でも2P程度でそれなりの完成度のものを作りたいものです。

その前に4コマの作品をひとつでも多くあげなくては・・・


今週は過去の作品を本腰を入れてテコいれをしていたんですが
どうにも「背骨」のない内容で形になりませんでした。

どの作品とは言いませんが、一風変わったキャラクターの日常ギャグなんですが
どうにも刹那的というか、やはり存在意義に疑問をもってしまいまして・・・

普通に生活できるはずの人が、その信念だけで奇特な行動をし続けるのは
それなりの理由が必要なのでは?

単に価値観が違うと言ってしまえばそれまでなのかもしれませんが
作者としてはそれを理解し、愛さなければ描くことは困難です。

ひと昔前のナンセンスギャクは、一般人がどう考えても理解の及ばない
それでいて理屈抜きで笑えるものがたくさんありました。
(自分が知らないだけで現在もあるのかも知れませんけれど)

それらのキャラクターは、どういった信念を持っていたのでしょうか。
またそれらを描いた作者はどういった思想を持っていたのでしょうか。



自分は割りと理屈から入る人間なので、その辺気にしてしまいます。





管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://sivva.blog.fc2.com/tb.php/71-4bdf5190