2015-01-31 13:10 | カテゴリ:イラスト
実はボツです。今週の作品『ペンよ疾駆(はし)れ!』全7ページ(予定)

ペンよ疾駆れブログ


『いつまでもたえることなく友達でいよう』の二人による、小説(ラノベ)執筆のお話です。

最初のコンセプトは「ラノベあるある」を茶化した(揶揄した)コメディネタだったのですが
いつのまにやら青春ドラマに発展して、しまいにはかなり重苦しい話になってしまいました。

それでもきっちりと7ページにはおさまって構成・ストーリー的には悪くないものの
当初の目的が「連続性のある4コマらしい4コマ」だったため、ボツ。

このテーマや一部のネタは他のキャラクターに流用したいと思います。

小説・マンガにかかわらず、創作作品の「良さ」「面白さ」というものはとても判断が難しく
作り手が良しとしても受け手が全くだったり
作り手が駄作と呼んでも他者に絶賛されるとういのはよくある話です。

更には作者自身でも刻一刻とその評価が変化して
「一晩明けると全く面白くなかった」という経験は枚挙に暇がありません。
(なのでとりあえずネームができたら一旦寝る。という制作テクニック?が生まれました)


今回は特にネタ的に納得のいくものが生み出せなかったというのは痛いですね。

一晩寝かせた結果得た結論が、なんというか

「哲学」が足りない。

何を言っているんだと思われるかもしれませんが、自分の中では一番しっくりくる理由ですね。

あるあるネタや自身の経験をただ書き連ねるのではなく、自分なりに昇華して
普遍的な何かとして受け手の皆さんに伝える努力が必要かと思っています。


大げさですか?




管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://sivva.blog.fc2.com/tb.php/70-16543c77