2017-07-30 12:42 | カテゴリ:イラスト
まんがライフ 2017年9月号(7/17発売)掲載分より。



暫定サブタイトル「白衣さんと南国の楽園」

白衣無人01

お約束の水着回ですが、白衣さんはスクール水着です。

(もちろん上には白衣)

出不精な彼女はシャレた水着なんか持ってませんから。







ちなみにロボも水着。意味は不明。
白衣無人02
基本的に自宅内でのお話の作品ですが

せっかく夏なので舞台を海にしたいなーと今回の作品が生まれました。

しかしもうひとつのコンセプトである「登場人物が二人のみ」縛りをどうするか。

考えた案としては

・白衣さんの発明で日本が沈む(自宅からは出ない)

・自宅敷地内だけ海になる

・プライベートビーチ(謎の実験場)を持っている

・無人島に流れ着く

などありましたが・・・


白衣無人03
一番まとも?な無人島編に。








そして一コマで終わる状況説明
白衣無人04








まずは火の確保。ちょいちょいはさまれるロボの自己否定。

白衣無人05

スチールウールと乾電池で実際に火は熾せます。

緊急時のために憶えておくといいでしょう。

(なかなか持ち歩かないかもしれませんが)









無人島になにか一つ持ち込むとしたら・・・ロボかな。
白衣無人06
この日のために普段の生活があったかのようだ。










お約束の洞穴。
白衣無人07

いやー、ロボが言うようなお気楽な生活にはならないだろうなぁ。

虫とかヤバそう。

以前サバイバルの漫画を企画した際にいろいろ資料を集めてはいたんですが

ガチでやると笑えないのでかなりマイルドになってます。










サバイバルの模様
白衣無人08
白衣無人09
白衣無人10
こんなのんびりしてられないとお思いでしょうが

ロボが10人分働いていると考えてください。











そして白衣さんの発作
白衣無人11
以前語りましたが、彼女の趣味はパズルです。

何のパズルですかね。











南の楽園に大量のゴミ
白衣無人12
今回もう少し尺があればこの辺を膨らませて

白衣さんとロボのイデオロギーの違いを明確にしたかったんですが。











ラストは物語の始まりと同様に唐突な幕引きで。
白衣無人13
わりとここの暮らしも悪くないと思い始めた二人ですが

生活力のあるロボも潮風には敵わなかったようです。





今回、舞台こそ無人島ですが、基本的にはいつもと同じ二人の生活の会話劇になっています。

アイデアがあれば年に一、二度くらいは家を飛び出た話を描いてみたいですね。

ちなみに先月は七夕の話として家ごと宇宙に飛ばそうかと画策してましたが、

ぎりぎり踏みとどまりました。

ちょっと奇をてらいすぎると何か違うものになっちゃうかな、と思いまして。







来月は何事もなかったかのように自宅が舞台に戻ります。

それにしても今回はトーンを使ったなぁ。







ではまた次回。







管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://sivva.blog.fc2.com/tb.php/143-5bc8ed13