2017-04-15 16:06 | カテゴリ:イラスト
月刊少年シリウス2017年5月号(3/25発売)掲載分より

今回は二本とも過去話です。



第29話

20170415-02.jpg



蛍ちゃんは今でこそ大柄ですが、それはここ一年の間に急成長をとげたからです。

ここが基本設定。

ではそれ以前はというと・・・というのが今回。


20170415-3.jpg



3年前の一年生当時はこんな感じ。第一話にもあるように、背丈は平均的です。

このランドセル、実はお母さんのおさがり(16話)。6年使ってこの状態は物持ちがいいのか

あるいは全く使っていないか、派手にぶっ壊して既に二代目以降の代物なのか・・・




20170415-4jpg.jpg


お母さん、しまむら先生。(おっと、奥に日高・赤井親子が)

大人組は髪型がちょっと違うだけですね。でも入学式ということでスーツ姿です。

お母さんは基本エプロン姿と部屋着だけなのでこの恰好は貴重かも。

飾らないキャリアウーマンか、女刑事みたいな印象ですかね。

お母さんは過去回想ではほとんどロングヘアーです。

これはひとつのギミックで、逆に言えば髪が長いお母さんが出てきたら

そこは過去だという事になりますね。

あとはロングヘアーの蛍が大人しくて、ショートのお母さんが押しが強いという

コントラストを付けるためですかね。




しまむら先生は髪がちょっと短い程度で中身も含め今とあまり変わりありません。

余談ですが、小学校1年と6年の担任になる先生はベテランか信頼ある優秀な人だと

聞いたことがあります。しまむら先生もそうなんですかね?






20170415-6.jpg


ちーちゃんとの会話第一号。せっかくなのでネタまるごと。いきなりケンカです。

実家が食べ物屋さんというだけあって幼いなりに一家言あるようで。

ちなみに私は目玉焼きにもカレーにも醤油です。




ちーちゃんは見た目がかわらないですね。一話の中でも自分でショックを受けてましたが。

実は事前の設定では前髪が現在より短いとしていたんですが

何故かすっかり忘れて作画していました。(正しい髪型は↓30話の記事で)




蛍ちゃんは一人娘で、わりとわがままきままに育ったのとお母さんの影響もあるのか

当時は結構気が強い部分もあったようです。

だからこそちーちゃんと対等に接して友情を育めたのでしょうか。

ここのパワーバランスは次の回の赤井君とちーちゃんの場合との比較も意識しています。





20170415-7.jpg

そしてこの言葉。もう何も言えない。





20170415-8.jpg

お祖父さんが亡くなったのは2年生の冬ですが、夏休みの時点で寝ている事が多かったようなので

(14話)この時点で何かを悟っていたのかも知れません・・・








実をいうと小学校の入学式の記憶がすっぽりと抜けていて、式がどんなもので、当日何をしたかは

他の方の例と想像のみです。まあ、学校ごとに違いはあると思いますけどね。








第30話



桜!ああ桜・・・

去年桜を描いた時、一年後はもっと上手に描ける様にしなくちゃ!って思っていたのに

もうその時期がきてしまいました・・・。あんまり変わってないなぁ

20170415-10.jpg

今度は赤井君とちーちゃんの話です。

何気に全く蛍ちゃんが絡まない出だしは初めてですね。


二人共髪型が違いますが、前述した通り手違いがあってちーちゃんはそんなにかわっていません。



20170415-11.jpg

本来(事前設定)は前髪が短いのが正しい姿です。

でないと1年も4年もほとんど差がない子ですからね・・・





20170415-12.jpg

赤井君は・・・もっさもさでだいぶ印象が違います。

見ようによっては女の子にも見える・・・これはお姉さんと同じ髪型という設定。

ちなみにこの人がお姉さん(下は別作品で主役をはっていた時)同じ髪質なようで。

20170415-13.jpg


赤井君はまわりに押しの強い女性が多かったため当時は若干気が弱かったようです。

言ってしまえば現在の蛍ちゃんのような性格です。





20170415-14.jpg

赤井君を理不尽に攻め立てるちーちゃん・・・ヘイトが溜まります。






20170415-15.jpg


後半に出てくる女の子は蛍ちゃんなんですが、目を描かず、誰かはっきりとはさせていません。

何故かというとこれが誰かは今回の話では重要ではないと思ったからです。

蛍ちゃんではありますが、赤井君にとってはたまたまそこにいた同学年の女の子Aという扱いで

そんな見ず知らずの子にされ振り回される気弱な男の子という描写になります。


逆に言うとこれが蛍ちゃんだと「赤井君と蛍ちゃんの出会いの話」になってしまうので。

ちーちゃんにするとキャラ関係にブレが生じてしまうし、かといって全くの新キャラというのも・・・


色々考えての判断でしたが、読者的には明確に蛍ちゃんにしたほうが楽しかったかな?





20170415-16.jpg


そしてさっぱりする赤井君。



赤井君の下の名前が「衛(まもる)」なのは「誰かをまもる」という意味がこめられおり

より強く頼られる存在になるために常に努力をする男の子に変化していきます。

その理想像が童話の王子様というのが・・・若干下心があるようなないような。

ようするにお姫様にモテたいってことなのか

それとも女の子の尻には敷かれたくないってことなのか。



・・・とはいえ、勉強ばっかりしているというのは極端で歪ですけど。










今回、4月に相当するエピソードですが、キャラクターは四年生のまま進級しません。

ならせっかくなので一年生当時の話にしました。

(実は一話が2月の話なので、4年生は実質3年目に突入します)




前にどこかで書いたと思いますが

4コママンガの場合は頭身が低いほうが画面に納まりやすい上に動かしやすいので

こういう小さい子は描いていて楽しいですね。

不幸な事に主役の蛍ちゃんは背が高い(頭身が高い)のが特徴で

自分としては4コマには不適格な存在といえなくもありません。

棒立ちでバストアップだけの会話劇って手もありますけど、どうかなぁ。

体は大きくても中身は子供の蛍ちゃんは動きも子供っぽいので全身描きたいんですけど

そうすると全体的に小さく描かないといけないというジレンマが・・・

身長差の表現とか楽しいんですけどね。



悩みは尽きません。





それではまた次回。








管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://sivva.blog.fc2.com/tb.php/132-c72fc516