2017-02-14 10:04 | カテゴリ:イラスト
ちょっとずつでもブログをあげようかなと思いまして。

まんがライフ2014年3月号(1/17発売)掲載分より。

暫定サブタイ「白衣さんと雪景色」

20170214-1.jpg

今回描いていて楽しかったのはなんといっても引き絵とアクション多かった点。

作品の性質として会話メインで舞台がほぼ室内なため、全身図が全く出ない回も多々あります。

一応引き絵やアップの効果、画面余白やフキダシの配置も考えないといけないので

描きたくても描けない場合がほとんどですね。

だから白衣さんの要素のひとつ「ニーソ」も実はめったに描いてないんですよ。



アクションに関しては・・・まあ、白衣さんですからね。

それでも今回はちょっとだけ動きます。それは本編をご覧下さい。

かわりにロボの活躍シーンを。

20140214-2.jpg

アクション特有の激しい効果もなかなかない作品なのでの滅茶苦茶楽しい。

小さい子(ここではロボ)が画面内で動き回るのを描くのは大好きなんですよねー。


もっとも単行本の感想などを見る限り、この作品に求められているかは疑問ですかね。


あとはツイッターにも書いたコレ。

白衣さん雪02

昨年の話(単行本収録「白衣さんと鬼の角」)の中の一本のネタだけの登場でしたが

なんとなく勿体無かったので今年も登場させました。来年もあれば出したいですね。




余談ですが

20170214.jpg

このタイトルカット、二人の足跡に被る形で単行本の告知の文字がありますが

描いている段階では全く意識していませんでした。文字が入る予定もありませんでしたし。

単に自分としては「雪」=「足跡」というのが鉄板ビジュアルだったので何の気なく

この構図にしただけなのですが・・・



出来上がった雑誌を見てその予想外のメッセージ性に感動してしまいました。ちょっと泣きました。

そしてテンションも上がって編集さんに伝えました。


素晴らしい仕事をしてくれてありがとうございます!



向こうは「そんな大した事はしてないんですが・・・」と当惑。



ちょっと恥ずかし。でも感動したのは本当ですよ。







管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://sivva.blog.fc2.com/tb.php/126-f0eb9e0b