2016-09-29 22:24 | カテゴリ:イラスト
メジェドMC
ENSOKU『メジェドさん』

初出がほぼ三年前という古い作品「単発メジェドさん」がモーションコミックになりました。

わりといろんなところで見られる、漫画の絵がそのまま動くというコンテンツです。

なんとなくは仕組みを知っていたのですが、実際自分の絵が動いているのを見ると

「あれ、これどうやってるの?」「大変そう」と驚くことばかりですね。

ちなみに、現在雑誌連載中のキャラも出ています。かなり古い絵ですけれど・・・

メジェドMC02
メジェドMC03

メジェドさんの過去作はこちら


ちょっと気になったのは「声」の問題です。

制作が決まった一昨年の春の段階で音響関係の検討という事で意見を求められました。

「メジェドさんの声のイメージはどんなものでしょうか」

「サイレントマンガなので声はいりません」

完成した今月

「出来上がりました。後から声をつけることもできますが?」

「いい出来ですね。このままで声はいりません」

・・・コンテンツ的にはやっぱり声優さんの活躍の場を作るほうがよかったんですかね。

でも作品としてはどう捻っても不要ですし。どうなんでしょうか。

個人的にはメジェドさんの声は低くて渋い男性の声です。

ガタイもおおきいし、基本ゲストは若い女性キャラですしね。




今回、20本以上あるうちから制作側に10本選んでもらいました。

まあ、続編があるかは全く未定ですが、漫画の新作は思いつき次第制作しようと思っています。



最後に、MC化にもれたけど好きな一本。

ゲストキャラは「おおきなのっぽの、」のお友達まるちゃん。

メジェドMC04

アニメには向いてないかな。











管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://sivva.blog.fc2.com/tb.php/122-6f8c8d40