2015-09-28 16:30 | カテゴリ:イラスト
いつもは週末更新ですが、今回はちょっと遅れました。

ロボブログ

「まんがライフ」12月号用の『白衣さんとロボ』 脱稿しました。

3ヵ月連続のラストです。

まぁ、作品が作品ですので盛り上がりも感動もなにもありませんが・・・

今回も苦労したなぁ。

(正直、白衣さん・ロボの二人をどこまで崩していいかわからない)


どんな話に仕上がったかは、10月17日発売に『まんがライフ』にて。





さあ、食事も睡眠も不十分だけど、轟沈前に次作のプロット練ろうっと!
















2015-09-19 18:27 | カテゴリ:イラスト
定期の告知単発

白衣さんとアルバム


本編は先日発売した『まんがライフ』に掲載されています。

今回は表紙のカラーカットも描かせていただきました。

うーん・・・小さいからハッキリくっきりしてた方がいいと思って描いたんですけど・・・

キラキラした面々に比べるともっさりしてますなぁ。メッチャ浮いてます。

この方向性はこれでいいと思いますが、キラキラ系も描けるようにした方がいいですね。

いや、その前に紙に印刷したときの色の変化に対応せねば。

全体的に色が濃いですね。ブログTOP絵くらいが理想です。





さて、今週は先週からの引き続きで、シリーズもののネームを再検討してました。

おおきなタイトル01・02

結局は一番最初に描いた二編をリメイクする形になります。

特に#02の「家庭編」はほぼそのままですね。といっても二年前の作品なので

作画の面は大きく見直す形になりますが・・・

「感動させたい」とか「ウマいオチをつけたい」とか「主人公を〇〇させたい」とか欲望渦巻きますが

まあ、作品的にはのんびりした感じにしたいですね。







来週はシルバーウィークですが、休む事はできません。

なんせ『白衣さん』の締め切りが近づいてますからね!


なんか「いよいよ最終回!お見逃しなく!」とかアオリ文がありますが

別に感動作にする気はありませんよ?いつも通りの二人(?)がいつも通りの日々を送ります。






2015-09-12 20:59 | カテゴリ:イラスト
また告知単発

白衣さんとロボ改良



今までマンガを描いていて意外だったのは

キャラ同士の掛け合いより、特定のシチュエーションにおける個人の反応や

基本一人称視点のモノローグ系の方が好みという事です。

多分これは自分自身が物思いにふけることが多いからだと思います。

「お前はいつも考え事してるよな」学生時代に親によく言われました。

とはいえ、自分の作品を評価してくれている方々は

「キャラがいきいきしている」「掛け合いが楽しい」

などコメントしてくださるので、その辺は意識して大切にしようと改めて考えてます。





さて、今週は前から練っているシリーズの、仕切りなおし(第一話)のネームを切ってました。

このシリーズ

おおきなのっぽの、設定ブログ



うーん・・・さすがに第一話を描くのは五回目なので完全新作にはなりませんね。

以前のネタを改良する形になります。

ネタの鮮度が落ちると、読む方も「なんだ」と思うかもしれませんが

描く方もなんだか申し訳ないとういか、タネ明かしされた手品をするような感覚です。


せめて以前以上のクオリティにしたいものですが・・・






2015-09-05 20:26 | カテゴリ:イラスト
まずは告知を兼ねた単発

「線が太く見える」対策として、さらにブラシコントロールを調整しました。
ペンタッチの強弱の幅が3分の2ぐらいになっています。(画面じゃわかりにくいですが)

白衣さんとキンモクセイ



今週は企画を練ることに終始しました。


ここ数年断続的に続けていたシリーズを今一度見直すべく

改めて設定を書き出して、人に見せる資料としてみたのですが・・・


作品に関してはキャラ設定の説明文や設定画というものをほとんど作ったことがないんですよね。

数年続けた作品でさえあるのは完成稿とそれに至るネームだけ。

キャラの正確・過去設定やら人物相関などは全部頭の中のみに仕舞われています。


それらを全部引っ張りだして見ると、なんとなく感慨深いものがあるのですが

やはりいきあたりばったりで作っている弊害か、キャラ同士に偏りがあるというか

どうしても絡ませづらい部分や似通いすぎている部分、膨らませにくい関係が見えてきてしまいました。


さて、どうしたものか。

欠陥部分が見えたものの、それなりに長く居続けているキャラだし、ここで変えてしまっていいものか。

変えた案を出したところ、そこは欠点を正してよりよいキャラ相関図は描けましたが

やはりそれは別人であり、前のキャラとは似てはいても在り方が全く違う。

いままでそれほど活躍してはいないキャラなのに、いざ変えるとなると惜しくて惜しくてしかたがない。

やっぱり思い入れがあるんですね。


特に変えることを要求されているわけではないので自分自身の問題なのですが、これは悩むなぁ。

とにかく後悔のないよう、時間が許す限り考えて練りこみたいと思います。



ちなみに『おおきなのっぽの、』のお友達キャラです。