2015-08-29 19:16 | カテゴリ:イラスト
しのぎやすい気温ですけど、天気がすっきりしないのは鬱々として嫌ですね。

ちょっとだけ白衣さん11月号



今週は雑誌掲載分の原稿のかかりきりでした。

発売が9月半ばなので残暑を見越したネタなのですが(だから扇風機が出ます)

今がこんな気候なのがちょっと心配ですね。





今月発売の雑誌を改めてみてみると、やっぱり線が太いですね。

一年前の掲載時と設定は全く変えていないのですが、無意識のうちに力が入りすぎているのか・・・

作品の内容や絵柄によっては太い線もアリだと思いますが、自分の場合はそうではありませんから

今回は若干線を細く設定してペン入れをしてみました。結果は誌上にて。





今週はその他に新しい企画を練ることになりました。

ちょっと暫く懸かりきりそうなので今までと同じペースでwebアップができなくなるかもしれません。

もっといろいろな作品を描きたいのですが、ひとつの作品を練りこむことも大事なのでご容赦を。




時間と、もっと早く作業できる頭と手が欲しいなぁ。






2015-08-22 21:17 | カテゴリ:イラスト
先週完成できなかった「まなつのまりあ」とかアレとかソレとか。
まっくろなまりあ暑中



最近の課題は、一つ一つのネタの完成度は当然の事ながら、前後とのつながりや全体の構成・

バランスをどうとって読ませる作品にするかですね。


今回の「まなつのまりあ」はそれほど意識をしてはいませんが、この問題をクリアできると

非常に完成度の高い作品となり、テーマなども盛り込みやすくなるはずです。


しかしながら実際は言うほど簡単ではありませんね。

読みやすいかどうかというのはやはり誰かほかの人に読んでもらわなければわからないものです。


特に自分は理屈から入るタイプの人間なので

「わかりにくい」だけなのに「深い」なんて勘違いして描いてる場合もあったりして・・・



いずれにせよどんどん描いて、どんどん読んでもらって場数を踏むしかないでしょう。

だからみなさん感想をください。

なんでもいいですよ?






2015-08-16 16:53 | カテゴリ:イラスト
今週の作品 『まなつのまりあ』 全8ページ
まなつのまりあ001


実は未完成です



前回の『どろだらけのまりあ』が田植えというイベントを時系列で追ったのに対し

今回は「夏休みの何もない日々」というコンセプトのオムニバスです。

だから何処かに出掛けたり、大きなイベントが起こったりはしません。

「4年1組のまりあ」から出てきたクラスメイトともまんべんなく絡むように組み上げたのですが・・・




どうも・・・まりあが小さくまとまってしまっている感と

まりあの変さをキャラがセリフで説明しているような描写が鼻について

一部のネタをボツにせざるをえませんでした。

この辺はちょっとジレンマがありますね。ギャグコメディらしく派手にアクションをしたい気もしますが

自分としてはその表現は描くのも読むのも好みでない・・・

でもまりあには元気に走り回って、ちょっとぐらいは無茶をさせたい・・・

うーん。


ともかく、冒頭の勢いとラストの余韻は好きなので、なんとか8月中には完成させたいものです。




なお、覚書として

『おおきなのっぽの、』は脇キャラの中の「主人公の想い」が中心の物語。

『まっくろなまりあ』は主人公が背景で「脇キャラのリアクション」が中心の物語。

小難しい言い方だとこうなりますね。








2015-08-08 20:06 | カテゴリ:イラスト
白衣さんと扇風機2015


今週は調子が悪いですね・・・



6ページ単位の既存シリーズのネームを練りつつ、読みきりと単発もグチャグチャと考えていたのですが

とにかく面白いのが描けません。


4コマのネタが気に入らなければ横に添えるタイトルカットを凝ってみたりもしています。


自分はデザインの勉強をしたわけではないのでなかなかオシャレにはできませんね。

泥臭くも自分の好みを貫くしかないでしょう。



でもやっぱり4コマが面白いのが一番なんですけどね。






2015-08-01 20:40 | カテゴリ:イラスト
『白衣さんとロボ』
竹書房「まんがライフ」10月号(8/17発売)に掲載されます!

白衣さんと花火?

ちょっと急なお話で正直面くらいました。

実際のところ昨年の掲載からこっち、本作に関してはほぼ手付かずだった(思う所がありまして)ので

どういう方向にころがすべきか、また発展させるべきか、かなり悩みました。


結局のところ今回は前の「ライオリ」から「ライフ」に雑誌を移すので

はじめての読者にもわかり易いベーシックな話、という事で仕切りなおし、

以前仕上げた原稿の中でまだ雑誌に載っていないネタを再構築するというのを中心にしました。

見たことあるなぁ、という方、申し訳ございません。


また、単発ネタとしてちょこちょこあげていたものとは若干空気感が異なります。

例えば6ページという長さの作品とした場合

単純に単発のようなネタを11本詰め合わせればいいというわけではないようでして・・・




オチの緩急をいかにつけるか。そして4コマとして違和感なく繋げられるか


それが今回の課題ですね。