2015-05-30 21:02 | カテゴリ:イラスト
今週の作品・・・ですが、ボツ!

カレー屋ゴン02

今週は・・・ヤバイですね。

テーマ、ネタ、キャラ、作画、構図、etc・・・ここ数年で最悪の週でした。

とにかく、何をどう描いても面白くもなければ魅力もない!

6ページ11本のネタの全てが気に入らないというのは初めてのことでした。




言葉もない。








2015-05-23 18:45 | カテゴリ:イラスト
今週の作品『年頃の父』全6ページ
年頃の父01


父の日ネタです。
真面目で無口なお父さんが、娘の行動が気になり尾行する・・・という
父の日の定番のお話ですね。




前の「母の日」同様いろいろひねったネタを考えたりしましたが、とにかく
「定番でもまともな話(子供に見せても問題のない話)」を
きちんと最後まで描ききるというのを目標にしました。

うん・・・でもそういうのって描いていても楽しいかというとそうでもないんですよね。





このお父さんはあまりパッとせず、真面目で無口、表情もほぼ変わりません。

本作では「表情は変わらなくても内心色々な考えが渦巻いている」キャラで
ほぼ全編にわたりモノローグで心の声を表現してみたのですが
作画段階でくじけそうになりました。



無表情モノローグよりも
サイレントアクション(無表情)のほうが見栄えがいいかも。

そうすると
お父さんの無表情アクションに対して娘のリアクションという形式が
父娘のほほえましい関係を表現できていかもしれません。



ペン入れが八割終わった段階でそんなふうに考えたりしましたが、今回はこのまま完成です。






そんな事をいろいろ練っているうちに
毎週の単発シリーズを描く時間がなくなってしまいました。なんてこった。


父の日は6月21日、それまでに改稿できるかな?




2015-05-16 18:31 | カテゴリ:イラスト
今週はまとまった新作はありません。
で、いつもの単発。


ミルキー01


本来ならば以前ボツにした作品をリテイクしてあげる予定だったのですが
やっぱりどうしても納得できずにまたお蔵入りしてしまいました。



加えて、どうにも最近自分の絵が粗雑になってきているような気がしてきて仕方がありません。

たとえば髪の生え方、服のシワ、立ちポーズの姿勢など
「慣れ」で描いてしまっている感がある。



「慣れ」でサマになるなら問題はないのですが、まだとてもそんな段階ではないので
もっともっと「よく見て」「考えて」描く必要があるかとおもわれます。



摸写やクロッキー、デッサンなどの基本的な修練に時間を取りたいところですね。

特に摸写なんかは好きな作家さんなんかがいるとはかどるんじゃないかと思うんですが
今現在、そういう方はいないんですよね。

学生時代は真似する目的で買い込んだマンガや画集が沢山あったのに
ここ数年は0冊です。ちょっとこれは由々しき問題かなぁ。




趣味や興味のある娯楽がないのはマズいですよね。

真夏日といえるほどいい天気でもストレス発散もできないし。




2015-05-09 21:00 | カテゴリ:イラスト
LINEスタンプ『日々の猫次郎』がリリースされました!
猫次郎告知1
猫次郎告知2


購入はLINE STREからどうぞ。


先にリリースされた天使・悪魔スタンプとほぼ同じコンセプトで、文字を使用していません。
使いどころには少し迷うかもしれませんね。


今回は二ヶ月半で審査に通りました。たまたまなのか、それとも審査体制が整ってきたのか。
このくらいのスピードで審査していただけるのならば次の作品も手がけたいのですが?
(売れなければ意味はないのですがね・・・)




そして今週の作品『どろだらけのまりあ』全6ページ
どろだらけのまりあ

万年日焼けの元気な娘・まりあが活躍する『まっくろなまりあ』のシリーズです。




何気にいままでほぼ単発ネタの集合だったこの作品ですが
今回はゴールデンウィークの出来事として時系列順の連続4コマになってます。



内容としては、まりあはGWに親戚(はとこ)のいる田舎の農家に
田植えを手伝いに行くというストレートな内容ですね。




この田舎というのが・・・実は自分の実家がモデルでして・・・

完全に自分自身の幼少期を回想しながら描いてみました。



GWはちょうど田植えの時期でして、「田植え休み」と称して手伝いをさせられたものです。

これがまた辛い。


蒸し暑いハウスや日差しのきつい田んぼでの仕事は嫌で嫌で仕方がなかったものです。

正直トラウマに近いものがありました。



よくある「家族でどこかにレジャーに行く」なんて漫画やアニメの世界の話でしたね。

いや、本当に。本当に。




そんな農作業を家族のために年中していた両親には本当に頭が下がる想いでいっぱいです。

学校の用事とかいってサボってごめんなさい。





とまあ、そんな農作業一色のGWをマンガにしてみたものの

事前に危惧していた通り「おとなしい」内容になってしまい

ちょっと『まっくろなまりあ』シリーズのコンセプトととはかけ離れてしまいました。




主人公の突飛な行動の面白さを描くシリーズなのですが、どうにも「はじけさせる」事ができず

農作業や作物に対する敬意を押し着せるような説教臭さが鼻につき

「ちょっとイイ話」にしようとしているのが見え見えで恥ずかしい。

以前から懸念していた「考え過ぎのカッコつけ」癖が出てますね。

これではまりあの魅力が半減なので、できれば修正したいと思っています。




でも、どうかな。自分の思い出をぶつけるという目的は果たしているので
描き直しができるかわかりません。あしからず。




なんにせよ、自分のキャラを自己満足のために利用してしまったことには反省しきりです。

ごめんね。まりあ。











2015-05-02 19:31 | カテゴリ:イラスト
今週の作品おおきなのっぽの、母の日のお話、全8ページ
01.jpg

ここのところブログ上で愚痴っていましたが
そんな事をしていても時間は流れます。

母の日がせまってまいりました。

自分の作品シリーズで一番お母さんのキャラが確立されている「おおきなのっぽの、」です。



小学四年児童のお母さんなのでまだ30頭の若いお母さんですね。
というかひと昔前と違って30代の女性は母であろうとなかろうと学生と大差ありません。
ピチピチギャルみたいなもんですよ。絵的にもほうれい線なんかまだまだ無用な年齢です。


描く方としては可愛く描けて楽しいようでもあり、子供との差別化に苦労したりと色々あります。
漫画やアニメのお母さんが若くて可愛すぎるとかいう意見を聞きますが
実際そうなんだからしかたない。




さて、「ネタが面白くない」「作画が思うようにいかない」「描けない」など
自分に対する不満は多々あるものの描かないわけにはいきません。


「母の日」テーマなので今週、遅くても来週しか猶予がない。

頑張って強引に描きあげてみました。強引にです。



時間の許す限り、カンヅメに近い状態での執筆ですね。
あまりの面白くなさ、絵の描けなさに何度放り出そうかと思ったか。
でもなんとか踏みとどまって完成させました。

久々の達成感です。完成度は推して知るべしですが。


食事もろくすっぽ摂らずほぼ2日貫徹ってのもやればできるものですね。
できればやりたくありませんが。





とはいえ、やはり通常より時間がかかってしまいました(ページ数が多いというのもありますが)。
おかげでいつも上げている単発シリーズまでは手が出ませんでした。

がんばったけれど上げた作品は一つだけという、ちょっと微妙な週でしたね。



このシリーズはちょっと構造(ギミック)を再考してみようとも考えています。
他のシリーズと似た感じになってしまうのですが、

「のっぽ」ちゃんなのでセリフはなくてもいいんじゃないかな?なんて。

どうなるかはわかりません。今まで積み重ねた設定が使えなくなる可能性もありますから。




あとは4コマなんでやっぱりスパっとしたオチのきいたシリーズを描きたいなぁ、と。





作品を完成した勢いで泥沼状態を脱したいな。GWなんかないものとして。



追記:

先週あげた『ガブガブネガブ』と今週の『おおきなのっぽの、』

Android向け『pixivマンガ』アプリに掲載されました。



スマホ持ってないんでどんなかんじなのかはわからないんですけどね。