2015-04-25 17:48 | カテゴリ:イラスト
ひと言で言うと「結果の出ない週」。
でも画像だけは上げます。
シミラク様01
これは完成させた作品ではありません。念のため。






ずっとあたためつづけている作品があります。
設定は時間と共にどんどん広がるのですが、いまひとつそれを形にするのがうまくいきません。


とはいっても理由と解決法は既にわかっているんですよね。

わかっていて、何度も思考錯誤しているのですが、それでも問題点を払拭しきれない。

なぜならそれが自分自身で気持ちのいい「ひとりよがり」な作品だから。





今の自分ではそれを描いても「第三者(読者)視点」として許せない。

でも「筆が乗ってくる」とどうしても描いていて気持ちのいいだけの
「甘えた」作品になるんです。



「女の子がかわいい」「セリフが巧み」「凝った作画」「ツボなシチュエーション」

どれも必用な武器ですが、ひけらかしているだけではどうしようもない。




描きたい作品はあります。それこそ山のように。

少しずつですが、描くスキルも向上させています。


でもまだ努力が足りていません。というか描けば描くほど描けなくなります。

先週描けていた人物が描けません。デッサンが狂います。関節の位置がわからなくなります。
輪郭を描くのに何度もやり直します。線が真っ直ぐ引けなくなります。
ひとつのコマに一人の人物を描くのに1時間かかります。

これはダメだ。一旦停止。

でも次の日にはなんの苦もなく線が引けるようになるので
再び集中して作画を進めます。

完成した作品は、ひとりよがりの意味不明なものでした。

そこでもう一度ネームから見直します。
全部白紙にするくらいの修正をします。
こんな感じの一週間です。




煮詰まっているのかと思えば、何も考えずに描く別作品はサクサク進むんですよね。
「なんで」とか思ってしまいます。
「そこじゃないだろう」と。




全身全霊を傾けつつ、肩の力を抜く方法ってあるんでしょうか。

子供の頃によく婆ちゃんに言われてたなぁ。
「お前は根を詰め過ぎる」
成長していないのか、それが自分の性質なのか。


今日寝たら、明日はまた全力だ。







2015-04-18 16:56 | カテゴリ:イラスト
今週の作品『ひよこの目覚め』全6ページ
ひよこの目覚め01
何ヶ月ぶりかに「突然降りてきた」作品。


描き始める数分前まで赤ちゃんを主人公にしようとは思ってもいませんでした。

なんせ今までの人生で赤ちゃんと30分以上接した事がないんですよね。
兄の子供(甥、姪)とも離れて生活していたせいでほとんど関わってないんです。

なのに、なぜこの作品を創ることになったのかというと
やはり「母の日」の事を考えていたせいでしょうね。
みなさんは何かお考えですか?
母の日。



それはともかく、今回は久々に設定等全く加味しない作品になりました。
単純に「感性だけは大人並の赤ちゃん」の日常コメディです。


突然、自我や思考が急成長してしまった主人公の「ひよこ」ちゃんが
両親や世間に対してシニカルに思考します。

考えるだけです。赤ん坊なので意見すらできませんから。



時々、今の意識のままで子供に戻りたいと思ったりします。
でも赤ん坊にまで行ってしまったら退屈でしかたないでしょうね。
思った通りに行動もできないし。

さすがに漫画も描けないのは困りますが、当時の鮮烈な記憶と感性は呼び覚ましたいものですね。



春の香りと光る風を、赤ちゃんはどう感じとっているのでしょうか。







2015-04-11 16:34 | カテゴリ:イラスト
先々週「春ですね」とか言ったのに、今週は雪ですか・・・気温の上下がキツイなぁ。

この時期はいろいろと細々した事柄が多いですね。出かける用事も多くて・・・この天気の中。


時間が半端になってしまいましたので作業も細かなものばかりです。

久々のらくがきや、アプリケーションの機能をもっと突き詰めたり、新しい表現を模索したり、
ボツネームを改めて読んで何がいけないのか検討したり・・・

というわけで過去のボツネームを改稿。

まんじゅうマン

描いてみたら結構いいキャラですね。

まあでもあんまり広がらないというか、ありきたりな一発ネタです。
なので柱のアオリとかもネタにしてみました。前話も続編もありませんのであしからず。




気が付くとこういったボツネームがやたらと増えてきてます。

でも見返すと良い部分も見えてきたり。もちろんそのままというわけにはいきませんが。
数年前の考えなしのネームを、今の考え過ぎる自分が手を入れてちょうど良くなる感じですかね。


そうかんがえると、これらのボツネームも大切な財産なのかな?






2015-04-04 19:15 | カテゴリ:イラスト
今週の作品『パップラドンカルメ』 カラー全6ページ(予定)
パップラドンタイトル
週一本のペースで描き続けている「駄菓子シリーズ」の特別編です。

ご存知の方も多いと思われますが、70年代後半のヒット曲がモチーフですね。
(『パップラドンカルメ』 作詞 /海 友彦  作曲 /佐瀬寿一  唄 /若子内悦郎)




この「駄菓子シリーズ」はなつかしの駄菓子(お菓子)の「あるあるネタ」を主とした4コマシリーズで
基本的に一つの商品につきネタ一本(+α)という構成になっています。

そろそろ50タイトル(50商品)に届きそうなので、ここで何かかわった事をしようかなと思い立ち
今回の作品を制作にとりかかったのですが・・・



モチーフは架空のお菓子なのでいつも通りとはいきませんでしたね。



連続ネタだったりお菓子を食べつつのんびりするシーンがなかったりと
「駄菓子シリーズ」の良さといったものがなくなってしまいました。

とにかく駄菓子をつまむほんの短い間バカ話をするというのが描きたいものですからね。

一応完成はしていますが、ちょっとこのままでは公開に勇気がいるレベルの完成度です。
従来シリーズに寄せるか、全く別物にするかの手直しをしなければ。



「駄菓子シリーズ」はPixivで定期(不定期)公開しています。よろしければ見てやってください。