2014-12-27 18:36 | カテゴリ:イラスト
さすがに年末なのでいろいろやらねばなりません。残念ながら新作はなしです。
でも細かいものは描きました。
ベビースタータイトルバック
なにこれ?って感じですが、いつもの単発シリーズのタイトルバックに手を加えたものです。

「駄菓子シリーズ」は駄菓子を題材にした4コマ部分はもちろんですが
タイトルバックの一枚絵の趣向をいろいろ考えるのが楽しいですね。
実際今回のこれも普段なら描くことはない絵柄だったのでいい経験になりました。

このシリーズは来年も継続していこうと考えています。
その際、単なる駄菓子あるあるネタではなく、ちょっと大げさな普遍的テーマを絡められたら
作品としての妙な広がりと重みが増すのではないでしょうか。



そしてメジェドさん。
15-1大掃除

この前の話は3月だったので実に九ヶ月以上間が空いてしまいました。

もっともこの作品は「サイレントのナンセンスかつシュールなギャグコメディ」を描く実験作なので
どんなネタでもいいというわけではないんですよね・・・

謎の怪人(神なんだけど)メジェドさんならではというアイディアが浮かび次第
次を描くということで・・・




さて


今年一年は緩急が激しい年でした。
そしてなにより貴重な経験をさせていただきました。

後半ちょっと悩む事が多くなってしまったのは残念でしたが、それでも確実にレベルアップはできたと
自分なりに評価をしています。

ただ、得られたモノの数倍の課題が浮き彫りになったのも事実であり、来年にむけてよりいっそう
気を引き締めなければならないと考える次第です。





それでは

当ブログ、2014年の柴を盛り立てていただき
ありがとうございました!


2015年の柴もよろしくお願いいたします。



2014-12-24 16:35 | カテゴリ:イラスト
いつもより早い更新ですけど、クリスマスなのであげときます。

『いつまでもたえることなく友達でいよう・駄菓子シリーズ』

クリスマスブーツブログ

『まっくろなまりあ』

まりあクリスマス

それぞれ関連作はPixivにて。
2014-12-20 18:45 | カテゴリ:イラスト
今週はこまかい作品をいろいろ制作しました。

魔神タンゴ二値02

サークルに寄稿したコミケ用原稿の別バージョン、Pixiv単発作品、クリスマスイラストなどです。

不思議なのですが
毎週新作を上げているにもかかわらずキャラの顔がどんなのか自信がなくなる時があります。
まあ結局は描けるのですが…
もっとちゃんと愛してあげなきゃいけないという事でしょうか。
惰性で描いてちゃいけませんね。

いよいよ今年もあと僅か。でも十日あれば十日分はステップアップできるはず。


2014-12-13 18:37 | カテゴリ:イラスト
今週は最悪でした。
ヤンヤンブログ用

先週悩んで頓挫した作品をなんとか形にしたいとがんばったのですが、結局は完成しませんでした。

6P作品三本分の要素を8Pにまとめて構成しなおしすというのが無理だったみたいですね。
「これは面白いのか?単なる自己満足ではないのか?」と疑問に思いつつ、睡眠時間を削って
ペン入れまでこぎつけたのですが、まさかのマシントラブル&保存ミス。
心が折れるって、こういうのを言うのですね。

この作品は少し冷却期間をおこうと思います。

まあ、その失敗を元にいつもの単発作品を上げましたが。今週はここまででこの一本だけです。


一日休んで、次にかかります。
なに、うまいもの食べてぐっすり眠れば立ち直れますよ。


2014-12-06 17:39 | カテゴリ:イラスト
今週は完成作品がありません。無念。
これ↓はいつもの単発作品

ボンタン

自分の力不足を痛感しました。

今週は過去に製作したシリーズの続編4コマ(過去作ありきの話)を描いていたのですが
キャラ設定に依存した小ネタはいくらでも湧いて出るものの、このシリーズならではという
カッチリとしたオチ、ユーモアとペーソスを矛盾無く構成することが出来ませんでした。

何日もPCの前でうなりつつ幾つものネームを産み、組み立て、修正し、ボツにし・・・
数パターンのストーリーを組んでみたものの、どうにも違う。

妥協はいくらでもできますし、過去作を見ていただいている方にはなんとか意味が通じる内容だとは
思うのですが、それはやっぱり自分としてはちょっと違う。

いつしか「違う違う違う!」と虚空に向かって唸りをあげるのがクセになってしまいました。



前にも感じたのですが、思い入れが深いほど「設定を説明する事に終始した」作品になってしまい
4コマ本来の面白さを後回しにしている気がしてなりません。

これも前に述べたのですが、もっと気楽に笑える4コマでいいのではないかとも感じるものの
(一部重い)設定やストーリーも籠めた作品を作りたいというのも偽らざる本音です。



重いバックストーリーがありつつもカラッとした気持ちで読める作品が作りたい。
強いキャラクターと、それを扱える強い自分が欲しいですね。



それはそれとして
なにも作品をあげないというわけにもいきません。
毎週あげている単発にフラストレーションをぶつけました。
それが上の↑カットです。
たいしたもんじゃありませんが、なんとなく含みのある絵にしてみました。ははは。

絵のストレスは絵で発散です。