2014-08-30 23:10 | カテゴリ:イラスト
うーん、天気が悪いうえに涼しく、というかやや寒い一週間でしたね。
とりあえず、ノルマの単発「駄菓子シリーズ」Pixiv)

ドンパッチ03

今週はどうにもノリが悪くてですね・・・
いちおう新作・新シリーズとして企画を練って下書きまではしてるものがあるにはあるんですが・・・
いつもにこにこ01

学生を描く事が多いので、たまには大人を描かなきゃイカンな、と思い
主人公はわりと面長の男性として、その他も年齢を高めのキャラで固めてみたものの
今までのデザインとの差別化を計ろうとして力不足を実感しています。

学生時代はわりとこんなキャラばかり描いていたはずなのに、いつのまにか勘が鈍っていましたね。
なのでちょっとこの手の「大人の」キャラデザのリハビリも平行していこうと思います。
大人を通り越してお年よりとかはすんなり描けるんですけどねぇ・・・。


それはそうと、9月になったらまた暑くなるんですかね?




2014-08-23 21:23 | カテゴリ:イラスト
今週の作品「おおきなのっぽの、」シリーズで「プールの日」8P(完成品は→Pixiv)
01.jpg
気が付くと8月も終盤、学生さんの夏休みもあと十日を切りました。
学生が主人公の作品をいくつか描いているのに、夏らしいテーマを盛り込んでいないのはイカン!
というわけで小学生のプールのお話です。
とはいえ、ちょっと特殊な主人公なので消化不良ぎみですね。


「おおきなのっぽの、」は身長のみが先に成長してしまった小学四年生、古戸蛍の物語です。

単純に言えば大人と勘違いされる小学生の話、というよくある題材なのですが、
自分としては「バランスを崩してしまった子供」の本人と級友のコンプレックスのお話です。

「身の丈」にあわず背だけ大きく成長してしまった全くダメな子が、日々どうやって生活していくのか。

そのテンパリ具合をうまく表現したいと思ってます。

ただちょっと苦労しているのが、「普通の小学生」と「ノッポの小学生」と「大人の女性」
この差をなかなか明確に描き分けられていないという事です。
バストアップやデフォルメでその境界があっという間にあいまいになってしまいます。
あとは小学生っぽい感性をどこまで表現できるかですね…なんせはるか昔の話なので。




作画上のこだわりというかなんというか。
自分の小学生時代、女子のスクール水着は旧型でした。
なので「学校制定の女子水着」といえばコレでないとピンときません。
実際旧型のほうがいろいろアクセントがついているので描いていて楽しいんですよね。
最近ではまた新型のスクール水着がお出ましのようですが・・・実際着ることになる学生さんは
どう思っているのでしょうか。
「着比べる」という事自体がそうはないかもしれませんが。


ああ、プールなんて中学以来ご無沙汰だなぁ。



2014-08-16 16:35 | カテゴリ:イラスト
新作はありませんが、ノルマの単発ネタは描いてます。
おおきなのっぽの、お墓参り

先週、今週と次の作品にとりかかるにあたり過去作を見直しています。

基本的に商業誌へのアプローチをすることを念頭に作品を制作しているので、やはり雑誌の性質や
読者層・その読者の求める設定・シチュエーションなどをもっと意識しなければなりません。

その枠内に収まるもはみ出すも、まず「枠」がどんなものかもっとはっきり認識すべきでしょう。

幸いに、雑誌の編集様とお話する機会があり、自分の過去作をより限定した読者層にむけて発信するには
どのようにすべきかの貴重な意見をいただきました。
正直その読者層を意識したことがなく、失礼ながら作品もほぼ読んだことが無いのでどこまでやれるか
全くわからないのですが・・・もしかして意外にあってるかもしれませんと前向きに考えます。


さて、上の画像の作品は個人的に最も推し進めたい作品のひとつです。
理由はひとつ、キャラが好きだからですね。
キャラが好きで、ネタが湧いて出て、描いていて楽しいというのは最高です。


もっとも、描いた自分だけ面白くても意味はなく、それを人に読ませる作品にまで昇華させるのが
ひと苦労なんですよね。

一つの作品を何度も何度も描き直します。これも二回ほど描き直し、それでもまだまだです。

これ以外、新作、続編、描き直しを含め製作予定をリストアップすると(ダミーあり)

『きょうのわたしに残念賞』
『G3』
『OL3』
『ベントラーズカフェ』
『花のなでしこ女学院』
『RG-O』
『さまよい日記』
『ブラックマジックワンダリング』
『ピンチ姫』
『オンバシラ様』
『ロビンソンクラブ』
『まっくろなまりあ』
『僕の部屋には姉がいる』
『みんなの委員長』
『友達の友達が…』
『地獄姉妹』
『小さい大家さん』
『箸崎さんの箸の先』
『カレー屋ゴン』
『仏蘭西人形は動けない』
『不思議な由里先生』
『校長のお仕事』
『かつて、我輩は猫であった』
『天使の閻魔帳』
『エンゲルの天使』
『荷物を枕に』
『名探偵はいつも不在』
『考える芦田R』
『忍者しのばず先生編』
『あいかた』
『ほんとうは怖いまんじゅう』
『武蔵野レストルーム』
『スパイVSスパイ&スパイ』
『宇宙トレック』

タイトルと基本キャラの設定だけってのもあるんですけど、全部描きたいなぁ。



などと考えているうちにもう週末。
8月の残り半分はもっと暑くなってくれるはず。



2014-08-09 20:20 | カテゴリ:イラスト
8/11発売の『まんがライフオリジナル』
「白衣さんとロボ」が掲載されます。
白衣さんライオリ9月

うーん、今週と来週は新作をあげる予定はありません。
夏休みということにして、HDデータの整理やバックアップ、作品企画を練り
もちろん作画の練習をして、お墓参りをしにいき、できたら何処かへ出かけたいですね。

あとは…ここ数年、マンガもアニメもドラマも映画もほとんど見ていないという不勉強状態なので
なにか一つでもハマれるものを見つけたいですね。(古いものは繰返し見てますが)


マンガは…なにか女性向けの作品で自分に取り込めるものがあれば。
アニメは・・・うーん、気が向いたら。連続作品は長いですし。
ドラマは・・・信長のシェフでも観ようかな。原作マンガのはじめの頃、仕事で読んだことあるし。
映画は・・・トランスフォーマーかなぁ・・・80年代ファンとしては苦笑いしかできないんだけど。
ゲームは・・・しません。最後にしたゲームって、なんだろう?ペルソナ2?ポポロ?・・・そんなレベルです。


せっかくの機会、面白い作品に出会えるといいのですが。




2014-08-02 20:21 | カテゴリ:イラスト
今週の作品「さまよい日記①改稿」全6P
さまよい日記 改

以前4話分ほど製作した作品(Pixiv)の、デザイン・設定などを見直しています。

このシリーズにおける作画上の目的は、ややデフォルメのきいたキャラデザを確立することと
それに合わせた背景・画面構成の簡略化です。

デジタル作業だと「拡大」ができる分特に顕著なのですが、自分はどうにも背景や小物を細かく
描き込んでしまう癖があるようです。

これは描いてる時は楽しいのですが、全体像を想定できていないと非常にちぐはぐな絵になって
しまいますよね。

その辺の「割り切り」や「大胆さ」、及び「作画時間の短縮」ができるようにしたいと思ってます。

シンプルでわかりやすく、なおかつ印象的っていうのが最高ですね。

とりあえず今週は旧1話目をほぼそのまま描き直してます。