2014-09-27 19:14 | カテゴリ:未分類
今週の作品『女子トーク(仮)』全6ページ
01タイトル

女子校モノというと、お年頃の女子のキャッキャウフフな日常マンガが多いようですが
そういう幻想を木っ端微塵にする実態の逸話もよく見かけます。
まあ実際のとこはどうなのかは不明なので勝手に創作させていただいております。
どう見ても野郎のガンのくれ合いとばし合いですが。


マンガ製作の手引書や、そういったテクニックのコラムでは必ず
「セリフは極力カットすべし」とあります。
それは4コマだと更に有効な技術ですね。なにせコマ数(画面積)が限られますし。
実際世に出回っている雑誌や単行本もかなりすっきりしています。
でもたまーに思いっきり文字で埋め尽くしたくもなるんですよね。
ながーいセリフにくどい言い回し、無駄に細かくて多いフキダシ・・・。
正直見づらく読みづらい出来になるのですが、それを克服できたら情報量の多くて読み応えのある
「お得」なマンガになるのではないかとも考えています。

というわけで今回の作品は活字量が3倍ぐらいになっています。→完成品


次は連作を想定した作品を創らなくては。




2014-09-20 16:55 | カテゴリ:未分類
今週の作品『お嬢様最期の秋』全4P(完成版Pixiv)
01タイトル
短いですね。

ちょっとペースダウンが続いていて焦っているのですが、思うようにネタが構築できないからといって
手を休めるわけにはいきません。
常に何かを描きつづけていないとあっという間に腕が鈍ってしまうのは経験上わかっていますから。

そんなわけで新作ネタを考える一方、既存のシリーズを再構築し、単発シリーズを描き、摸写などを
しているのですが、やはりネームを考えている間は手が止まってしまい、気が付くと数時間経過という
事もあります。
逆にアイデアの湧き出る事が多い状況というのも確かにあり、自分の場合は外を歩いている時、
フロ・トイレに入っている時、眠りに落ちる直前と、寝ている時(アイデアが浮かんで飛び起きる)
などですね。
限られた時間内にアイデアをまとめるという事がうまく出来るようになればもっとスムーズに
作品を制作できるのですが・・・
なかなかうまくはいかないものですね。



今回の作品も本来今週描き上げようと思っていたものがうまくいかず、急遽予定を変更して
製作したものです。
元の作品はこれ→(『お嬢様最期のお言葉』)。一年近く前のもので、完全読み切りでした。

前作は個人的にはわりとまとまっているように思えたのですが、今見るとネタの練りこみが
あまく、完全にノリで描いている感がありますね。中にはいいオチもありますが。
でもキャラクター的に気に入っていたので続編のような形を作ろうとしたのですが・・・
元がシンプルなネタな分、キャラやドラマを膨らませると蛇足感が半端ないですね。
やはり「死ぬ死ぬ詐欺」で統一した方が良かったかと。



技術的にもネタ的にも「過去の自分」が大きなハードルになってきているような気がして・・・
腹が立ちます。

常に昨日より今日が一歩上であるように心がけたいものです。