2017-07-30 10:54 | カテゴリ:イラスト
月刊少年シリウス 2017年8月号(6/26発売)掲載分より

ラス前。




第35話

夏休み直前のオムニバス。時期的なもの意外は特にテーマ的な縛りはありません。

おおきな7月01

このタイトルカットは以前(連載開始半年前)Pixivにあげたものの修正版。

特に蛍ちゃんの顔が全然違うのは、私が成長したのだと思いたい。



この時期の風物詩といえばツバメですね。

おおきな7月02

朝になると子ツバメが盛大に鳴くのでそれで目がさめたものです。



私の実家は毎年ツバメがやってくるのであまり気にはしないのですが

家主さんによっては勝手に軒下に巣を作られるのは嫌だという人もいるでしょうね。

なんだかんだで泥と草の塊ですし、下にフンを落とされたりしますから。

ツバメにとっても世知辛い世の中です。

でもその巣立ったツバメがまた翌年に戻ってくるって、素敵な事じゃないですか?

汲々とした世の中でちょっとほっこりするんですが。

子育てに一生懸命なツバメさん達ともう少し交流したいです。



すっかり夏日になろうとも授業はあります。

おおきな7月04


私の子供時代は教室はおろか学校内にエアコンなんて存在しませんでした。

(そして自宅にも)

でもそんなゆだるほど暑かったという記憶もありませんね・・・

単に田舎だったからでしょうか?それともやはり近年の夏は暑くなっているのでしょうか。

この辺、データは出ていても諸説は紛々です。

なお、現在の公立小中学校で空調設備のある教室は半数程度だそうです。

(どの教室に導入されているかは不明)

空調のきいた教室で授業・・・想像できない。

さぞや勉学に身が入るんでしょうねぇ。




その他7月頃の風景。

おおきな7月05
おおきな7月06
おおきな7月07




うーん、次の話ががっちりシチュエーションが固まっているのでオムニバスにしたのですが

やっぱりいまひとつですね。ページが少ないのもあるかな。

視点を蛍中心にするか、なにかひとつテーマをきめるかした方がよかったでしょう。


おおきな7月03











第36話



夏祭り編。

おおきな祭り01-2

本来はもうひと月後に予定していたんですが、思う所があって早めの登場。






蛍ちゃんの浴衣はお母さんかおばあちゃんのおさがりでしょう。
おおきな祭り02
「あーれー」ってこのネタ、実際小学生は理解できるんでしょうかね。

ちなみに蛍ちゃんはちーちゃんから教わったというオチがネーム段階ではありました。









蛍ちゃんは面長ツリ目なんでキツネっぽいですね。笑顔は糸目だし。
おおきな祭り03
みなさん疑問ももたずに体格で判断しているもよう。

あ、売られているお面にロボが。










夏祭りといえばカキ氷。
おおきな祭り04
そしてせっかくだからブルーハワイ。何がせっかくなのか。

イチゴ、メロン、レモン、ブルーハワイは基本的に同じ成分ですが

(レモンは酸味も加える)、そこに香料(と着色料)が加わるので

食べたら別の味に感じるのは錯覚じゃないんですよ。










巴ちゃんと浴衣と射的。
おおきな祭り05
実は私、射的をやったことがありません。

田舎の祭りではそういう屋台お目にかからなかったなぁ。



ああー、この娘メインの話は蛍に匹敵するくらいストックがあるのに日の目を見なかった・・・

今回の祭り編も彼女がメインだった(巫女役)のですが

初めての祭りの話なので皆に出番のあるこのような構成にしました。









ちーちゃんと金魚すくい
おおきな祭り06
たとえ祭りですくった金魚でも大事に育てれば10年以上生きます。

そして環境や餌の具合によってとんでもなく巨大になります。

でもそこまでになるまでに仲間はどんどん減るでしょうね・・・


ちーちゃんは調子に乗りやすい反面

ちょっとした一言でころっと考えを変えたり反省したりと切り替えがはやい娘ですね。

4コマらくて動かしやすいキャラです。

彼女メインの心の機微を描いた「入れ替わり」ネタがあったのですが、未公開。








丸ちゃんとりんご飴
おおきな祭り07
例えば習い事の発表会やおめかしの場で女の子が紅を引く事があります。

正直言うと違和感しかないんですけど

妙に赤く見えてゾクっとします。大人っぽいというより、妖艶な感じといいましょうか。

りんご飴の赤じゃなおさらですね。


なおりんご飴に使われるのは小ぶりのリンゴですが

それでも食べ切るのには時間がかかります。というか多分飽きます。

実際丸ちゃんもお土産にしてますね。
おおきな祭り13






ノリ弁さんなのにやきそば屋
おおきな祭り08
蛍ちゃん以外とは初対面。

ノリ弁さんも活かし切れていないキャラですね。

ほぼ竹宅亭のお客としてしか登場してませんが

今回のようにバイト三昧でいろんな所に出没するキャラのはずでした。

更に言うと彼は教育実習生、臨時教師として学校に来る予定で・・・








蛍ちゃんとカタヌキ
おおきな祭り09-2
今回それぞれのキャラにそれぞれの屋台をあてがった時

蛍ちゃんは真っ先にカタヌキでしたね。

おじいちゃんゆずりのテクを持ってます。(いくら儲けたかは不明)

それにしてもあのカタ、もう少し美味しくできませんかね?









しまむら先生の見回り
おおきな祭り10

しまむら先生はなんだかおじさんおばさん連中にウケが良さそうですね

こういう場では年長者に可愛がられ、学校では生徒にいじられ・・・

もうちょっと流されないようにしないと、そろそろイイ歳ですし。








赤井くんと花火
おおきな祭り11

こういう場面だと男の子が手をひいてあげたりが定番ですが

そのネタは正月回ですでにやってます(第24話)ので今回はコレ

幸いなことにみんなが上を見ているので事なきをえたようです。

・・・赤井くんは何故か別の方向を見ていたようですが。何故か。







そんなわけで祭りの日の日記(その①)。
おおきな祭り12


おそらく今回のネタのほとんどを日記に書くんでしょうね。












さて

発売中の最終回(37・38話)は色々私の制作環境でトラブルが重なりまして

ネタ、作画共にちょっと自分でも残念な出来になってしまっています。

ですので制作日記は修正作業と単行本作業を平行させる形で

間をおいて小出しにするかと思います。
おおきなラスト


なお、単行本②巻の発売は10月以降の予定です

今しばらくお待ち下さい。







ではまた次回。






管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://sivva.blog.fc2.com/tb.php/142-673271db