2017-07-15 21:11 | カテゴリ:イラスト
まんがライフ 2017年8月号(6/17発売)掲載分より


暫定サブタイトル「白衣さんとぱーぱ」
白衣さんパパ
なんか既視感がある構図だなーと思ったら、「ほたるの墓」だ。





アバンタイトルはお約束の白衣さんの謎実験ネタ。

白衣さんパパ02

なぜこれで白衣さんだと確信したかは前回を参照のこと。素早い伏線回収です。

(前回の話を執筆中に予定していたネタではありませんでしたが)




白衣さんパパ03

「赤いキャンディ」はもちろん手塚治虫氏の「ふしぎなメルモ」から

(トーン貼り忘れてて真っ白ですけど)

幼児化のプロセス自体は特に意味のない話なので元ネタは知らなくても問題ないはず。

パロディとか知識とか、自分が知ってるから読者も面白いと思ってくれるはず、と導入すると

全スルーされる事があるから難しいです。(大抵はその前に編集さんと話し合いがあります)

やりかたの問題でしょうけど。


さて、赤いキャンディが出たなら次は青いキャンディとなるわけですが

お婆ちゃんになった白衣さんを介護するロボという敬老の日ネタをぱっと思いつきましたが

絵面も大して面白くないし、ネタとしてロボの苦労もあまり変わらないから・・・ボツ。





赤ん坊の行動に関しては、私の甥を観察しまくった経験があるのですが、

特に印象的なのはその視線です。

とにかくつぶらな瞳でじーっと見つめる。見ているときは大抵顔は素なので

なにがそんなに不思議なのかと、逆にこっちも見つめ返してしまいます。

それから感情表現の切り替えですね。

ギャーと泣いた次の瞬間無表情になりすぐにキャッキャと笑う、

周りの大人が大慌てするのを見て楽しんでるんじゃないかと疑うレベルで

「頭脳は大人な赤ちゃん漫画」よくあるのも頷けます。


白衣さんパパ07


なのでこのシーンは白衣さんの意識が元のままなのではなく

素の赤ちゃんの反応です。(モンキレンチは扱えないとは思いますが)








白衣さんお得意の「機能的配置」。初出はライオリ2014年8月号。

白衣さんパパ11






今回一番描きたかった一本

白衣さんパパ08


どこの話かは単行本1巻内でご確認ください(ダイマ)。


最終回なんかで白衣さんが記憶を失ってしまうベタな話の場合

ロボと読者諸兄の心情を重ね合わせての演出としてはありでしょうね。

・・・ここでやったのでもうありませんけどね。





その他、ロボのほほえましい育児シーン。

白衣さんパパ04
白衣さんパパ05

白衣さんパパ06






「パパ」と呼ばれて新たな使命に目覚めるロボ
白衣さんパパ09

そしてそれを絶妙のタイミングでぶちこわす白衣さん。




以前の分裂話でもそうでしたが

一体どんな技術のどんな理屈でそんな怪現象がおこるのか?

細胞がどうたらとか遺伝子がこうたらとかもっともらしいデタラメ理屈を考えるのは楽しいんですが

ネタでなければ重要な問題ではありませんのでカットです。

尺の短い4コマですから。

なので今回もポンっと元に戻りました。





白衣さんパパ10


ラストで「父の日」だったとして締めくくっていますが、このために実験を行ったというのは

・・・どうでしょうか。白衣さんらしくはありませんので、それはないかな、と。


いまのところ一話につき6Pいただいているのですが

一話完結で事件の発端から回収、後日談までまとめテーマを加味し

今回のような日常シーンも詰め込むとなるとどうしてもカットするネタが出てきてしまいます。

このままでは父というより母といったシーンが多かったので

赤ん坊の白衣さんがなんらかのピンチに陥り、ロボが父親らしく助けるエピソードを入れたかったな。

そろそろ8Pくらいの長さで描きたいもんです。








では最後にロボが守りたいと思った白衣さんの笑顔を。

戻った後と比べてみてください。



白衣さんパパ12







ではまた次回。




2017-06-16 17:32 | カテゴリ:イラスト
神田神保町書泉グランデにて

『竹書房コミックスサイン本フェア』が開催されます。





開催期間、ラインナップ等はHPにてご確認ください。 → 書泉HP




今現在、名前はありませんが先日「白衣さんとロボ①」10冊ほどに

サインとイラストを描かせていただきました。

サイン本02


これは元にしたラフ。本にマジックで描くのって意外と難しい。



書店様のサイン本フェアに関してはこのあとも予定がありますので

追って告知いたします。


2017-06-16 12:26 | カテゴリ:イラスト
バナー


ツイッターにて先行してお知らせしましたが

ENSOKUさんのサービス終了に伴い

「メジェドさん」のモーションアニメも配信が終了します。

リンク↓



モーションアニメ 『メジェドさん』 第一話

6/30(金)正午までだそうなので、未見の方はぜひ。




ついでに「メジェドさん」の過去作まとめ → Pixiv




今回のモーションアニメは自分は原稿データを渡しただけで以後ノータッチです。

(ちなみに原稿料はなし。そういう契約ですから)

当初一年以内に公開するという話でしたが、結局一年半以上かかりましたね。

それで公開一年を待たずにサービス修了・・・

他に作品は沢山あったようですが事業としては大変だったのでしょうか。

それともモーションアニメというジャンル自体が定着していないのでしょうか。

電車内のモニターとかではよく見ますけど。



個人的には描いた漫画をそのまま動かせるのは面白いので

個人で作れるなら作品アピールとして利用したくもあります。

どうなんですかね?



2017-06-16 10:33 | カテゴリ:イラスト
月刊少年シリウス 2017年7月号(5/26発売)掲載分より


ラスト3回。

先日も告知しましたが、次々回で終了となりました。

もし、もしももうちょっとこのお話を読みたいなーという方がいらっしゃいましたら

シリウス編集部までお便りをおねがいいたします。

そしてその件でううだ氏

「連載続投希望用 手のひらくるーっ イラスト」を描いてくださいました。

63314945_p0.jpg

クリックで大きな画像

ううだ氏のページへのリンクです → 『Pixiv』『Tumblr』

転載およびこのイラストを使用しての投書は自由だそうです。

(ううだ氏にコメなどで連絡はしてくださいね)

皆さんその際はぜひよろしくお願いいたします。







第33話

蛍ちゃんセーラー服を着るの巻。





おおきなセーラー01






アバンタイトルで出オチ。
おおきなセーラー02
目立つのが嫌いなくせに自ら飛び込んでいくとは。

でもランドセルを背負わなきゃこっちの方が自然なのかな?

なお、服がセーラー服なだけで作画上は何も変えてません。








昨年の梅雨話(第10話)でも描いたけど蛍ちゃんは濡れるのは平気らしい。

子供みたいにばっちゃばっちゃと。あ、子供か。

おおきなセーラー03

この季節ジーパンはやばい。部屋干しで臭くなる可能性も大。

そしてあいかわらず色っぽくないサービスシーン。わざとですが。

肉付きと姿勢が悪いとどんなに背が高くてもダメなんだなぁ。







おおきなセーラー04
サイズ的におじいちゃんの甚平はすごい事になるかも。






お母さんの制服はB体。当時からそんな感じだったもよう。
おおきなセーラー05
蛍ちゃんは今後グラマーになるのか?ちょっと想像できない。

喰っても食っても太らない体質なので。

第二次性徴が始まればその辺も変わってくるのかも

・・・始まってないんですよ。まだ。







実際のところこの恰好で登校していいものなんですかね?
おおきなセーラー05
そういう校則とかあるのかな。

セーラー服自体は単に服の種類なので問題ないと思いますが。







気が利くようでそういう方面では朴念仁な赤井君。
おおきなセーラー06
まあ、よっぽどの胆力がないと小学生男子は女子の服装は褒めないかな。

下手な事を言うと絶対周りからからかわれるしなー。このクラスではないでしょうが。

そして意外なところで推しの強い丸ちゃん。初期設定を活かしました。






男子にしたらスカートって無防備すぎて怖い服です。
おおきなセーラー07
あとパンツとか言うな。

なお、赤井君の女装エピソードの予定はあったんですが、公開未定に・・・





こいつら小一で何かに目覚める
おおきなセーラー08
一緒に遊んでいたお姉さんが急に・・・ね。

追記(6/18)

今まであまりないことでしたが、このシーンで編集さんから注意があったことを思い出しました

ネーム段階で、見ようによっては蛍ちゃんがチビたちにスカートを捲って見せてるようだったからです。

(単純にスカートがひらひらしているだけだったのですが)

そうするとこれは児童虐待になる、と。

小さい子に対して故意にそういうのを見せ付けるのがアウトだそうで。

考えたら当たり前か。

配慮が足りませんでしたが、勉強になりました。







形から入るタイプ
おおきなセーラー09
背の高さから年長にみられるものの、本人には全くそういった自信が

ないもので焦るというネタが本作には多数あります。

でも今回はお母さんの制服を着てなんとなーくお姉さんっぽく振る舞いたかった蛍ちゃんですが・・・

根拠のない自信なので実力が伴いませんね。








おおきなセーラー10

なんやかんやで振り回されっぱなしのノリ弁さん。

そりゃこの姿を見たらそう勘繰っちゃいますね。このお母さんだし。

というか実際数年後もこんな感じの母娘だろうね。


ところで、ノリ弁さんは蛍ちゃんとお母さんのどっちが好きなのか?

これはどちらかというとお母さんでしょうね。

第2話が蛍ちゃんと初対面ですが、その前からの常連客だったようで

第6話のおまけコマのつぶやきはお母さんに向けてのものです。
おおきなセーラー13
蛍ちゃんに浮気するから今の状態になったというわけで自業自得。









夜、一人で物思いにふける
おおきなセーラー11
お母さんの高校時代はどんなだったでしょうか。設定はありますけどね。











服も乾いて、翌日。
おおきなセーラー12
最後についぽろっと・・・







当初、今回のエピソードは蛍ちゃんにスカートを履かせるだけというものでした。

普段はずっとジーパンですからね。

それが下だけスカート → ワンピース → セーラー服と変化しました。

記号的に面白いかと思いまして。

あとは構図的に下半身まで描写できない事が多々あるという理由もありますが。


えー、それからこの回は「打ち切り勧告」を受けた後にネームを切った話で、

最終回つったら「そして数年後・・・」だなぁと考えて途中まで作ったエピソードの名残りです。

まあ、正直言うとこの作品は小四現在だからこそ意味があるのでこのパターンはないですね。


今現在の構想では最終回はお話自体は最終回っぽく描くつもりはありません。

人間関係の進展や、大袈裟な事件は起こさず、

〆にちょっとそれっぽくするだけに留めようと考えています。


何故なら機会があるなら続きを描くつもりなので、そこに繋がる矛盾を作りたくないからです。

もともと起伏の少ないのんびりした作品ですので

何をやっても取って付けなのは目に見えてますから。








第34話

父の日編。



おおきな父01
このタイトルカットに意味はありません。

Pixiv発表時代に描いたものの修正版です(当時「抱き枕絵」とか言われてました)。

結構顔が変わっていて驚いた・・・









おおきな父02
体格とパワーを遺憾なく発揮する蛍ちゃん。これ父の日の練習です。

本人は甘えているつもりで親にじゃれていても

親からするともう少し手加減がほしいという状況があるみたいですね。子供は成長が早いので。









それぞれの父の日の考え。
おおきな父03
おおきな父04

母の日と違い、各家庭でばらつきがありますねー。

これはやっぱり仕事の関係で家庭に対するスタンスが違うからでしょうか。

そういった事実があるからイメージが固まりづらくてイベントとしては淡白になっちゃうんですかね。







そしてお母さんの少女時代の父の日。
おおきな父06
普通の肩叩きではない。膝も入っているし。

お母さんとおじいちゃんがどんな親子だったかは1巻のカバー下で。


正直私は肩がこった事がないので肩叩きの有難さがわかりません。

子供のころの肩叩きも単に力いっぱい叩いただけな気がします。










島村先生の父の日。今年は何を贈ったらいいか迷っていると遠藤先生に相談したら・・・
おおきな父05
まあ、さすがにこのくらいの歳の娘だと、さっさと嫁にいってもらうのが最大のプレゼントでしょうね。

偏見ですが、勉強一筋で教師になると社会経験(恋愛経験も?)不足しちゃうと思うんですよね。

特に今時分の先生はかなり多忙で休むヒマもないようですし。大丈夫かなぁ。


このお見合い相手との後日談も考えていたのですが、公開未定。









蛍ちゃんのお父さん。作中での言及はお正月以来。
おおきな父10
お父さんがなぜ不在ぎみなのかというと

設定上は家計のために出稼ぎのような状態という事なんですが・・・

ぶっちゃけると嫁も娘もぞっこんなのでムカつくから出さないだけですね。
おおきな父07
一緒におフロに入る権利を奪い合われるなんて幸せすぎる。

(娘が蛍ちゃんだと絵的にまずいだろうか・・・)

「お父さん、父の日に何してほしい?」「じゃあ一緒にオフロはいろうか」「・・・キモイ!」

は、父の日定番のネタ(なお、ちーちゃん家がそうです)。



おおきな父08

目元が描かれたのは今回が初ですね(無精ひげが似合わない)。

以前のお花見回(第6話)でも言及されていましたが

蛍ちゃんの下がり眉と釣り目はお父さんゆずりみたいです。


まあそれは別にして、性格的におおらかな人みたいですね。

このお母さんを笑って包むみたいな。

馴れ初め話とかわりと早期に構想はできていたんですが、内容的に異質なんでご想像にお任せで。








おおきな父09
なんでお疲れなのかは深読み歓迎です。










さて、残り二回(4話)、先述の通りお話の上での大きなうねりはありません。



いきなり小学校卒業まで飛んだり

友達の誰かが転校しちゃうかもとか

しまむら先生が結婚するとか

蛍ちゃんに弟か妹ができるとか

赤井君と急接近してちーちゃんと三角関係とか

大人になってその子供が小四の時代の話とか

蛍ちゃんは実は17歳でしたとか

体が大きいのはどこかの白衣の人のせいだったとか


・・・ありませんよ?



ではまた次回。








2017-06-15 11:34 | カテゴリ:イラスト
まんがライフ 2017年7月号(5/17発売)掲載分より


暫定サブタイトル「白衣さんと黒の軍勢」

白衣さんG01


季節としては春から梅雨にかけて、暖かかくて湿気のある時期です。

闇に隠れて生きる、アイツ等が活発になる頃合い・・・



白衣さんG02

ええ、まあアレの話なんですけど作中は「ジョニーさん」で通しています。

一部の飲食店などで使われる隠語ですね。

今回のギミックとしては名前を隠すことと、姿を描かないことです。

理由としては、別にジョニーさんがだれであるか謎にしたいというわけではなく、

嫌いな人は文字を見ただけで怖気立って作品を楽しめない可能性があると考えたのと

・・・自分でも描くのが辛いからですね。



じつは最初は逆に読者が引くほどリアルに大量に描くつもりだったんですが

資料を集めて画像を見ているうちに心が折れました。キツイキツイ。

個人的にそれほどトラウマな思い出はないはずですがねぇ。








ジョニーさん視点のコマ。

白衣さんG03
白衣さんG04

白衣さんとロボは気付いていないようですが

ねこ君は見てますね。





プレイじゃありません。
白衣さんG05

新聞で叩くとあとが大変ですよね・・・






製作中のロボらしきもの。それなりに人間に近いデザインです。
白衣さんG06
ジョニーさんのせいで壊れてしまったので、無事な部品を寄せ集めてできたのが

現在のロボということです。(当初の段階で制作費が3000円なのかは不明)

この頭身なら家事は結構楽だったでしょうね。

(デザインは私の趣味で、キャプテンフューチャーのグラッグやミクロマンのアクロイヤー、

はては初期Macなどがミックスされたものですが、ここでははっきり描いていません

機会があれば別作品で)







白衣さんG07
これが本当かどうかは次回で。





茶箪笥におやつ(むき出し)。今はこういうのはないですかね。
白衣さんG08
昔の漫画じゃよくある光景でした。ジョニーさんの恰好の餌食です。






ロボの新機能。
白衣さんG10
こんなデカイものがどうやって入っていたかは謎テクノロジーです。

材質はロボによく合う銀に輝く一斗缶(あられ煎餅)。


ロボの胸の四角いデザインは当初から開閉できて、中から何かが出てくる仕様でしたが

作中ではこれが初ですね。(修理中の場面で開いている絵はありました)







白衣さんG11

ABC兵器について、私は小学校時代に授業でちょっと習ったと記憶しているんですが

意外と通じなくて驚きました。なお、A・Bボタンがそのものズバリかどうかは不明です。

ボタン自体も次の機会には別のものに変わってるかもしれません。白衣さん次第です。







白衣さんG12
今回、何気にロボの秘密が沢山でてきますね。

オチがありますが。







迫り来るジョニーさん。
白衣さんG13
ここの「カサ」という文字をジョニーさんに見立ててください。

そう思うとなんだかそんな気がします・・・よね?


ロボのつぶやきは「激動の昭和史 沖縄決戦」(岡本喜八監督1971 東宝)が元ネタ。

もっとそのまんま使おうと思ったんですが、今だとその後のパロディの方が有名なので

自重しました。(戦いの後に〇〇〇〇匹撃破とかテロップ出したりね)









白衣さんG14
信頼しているからこその白衣さんの行動。ロボならきっとやってくれる








前述の通り如何にジョニーさんを直接描写しないか試行錯誤。
白衣さんG15
結果としてメタな表現が多いですね。

ロボのアクションシーンは描いていて楽しいんですが

ジョニーさんが体に張り付いたり画面狭しと飛び回ったりするのは正気度が削られるので・・・








そして平和な日常へ(?)。
白衣さんG16
人の生活のある所にジョニーさんあり。なるべく清潔を保つのが肝要です。


どうしても苦手な人は2階以上に住居を構えるとだいぶ違います。

1階の、木々や水場が多い場所はジョニーさんや他の虫が多いですからね。

これからの季節、大変です。

・・・白衣さん家は平屋の昭和家屋で周りは緑がたくさんあるんですがね。





作画についてのこぼれ話。

今回、よく見ると白衣さんの髪にテカリがありません

(ラストページおよびテロップ画面は別)

どこに潜んでいるかわからないジョニーさんとの戦いの最中は薄暗く重苦しい絵にしようかと考え、

ジョニーさんアングルに加え制作段階ではほぼ全画面にトーンを張っていました。

ただ、雑誌掲載では単に見づらいのではないかと考えたのと

コミカルなシーンではうるさいだけに思えたので削除しました。

単行本に収録する際にどうするかは検討します。


作中の雰囲気の演出としては、コマ内ではなく外枠部分をトーンかベタで埋めるという案もありますが

この辺は広告との兼ね合いで要相談で、次回以降できればやりたいですね。ホラー話とか。




最後に、白衣さんからひと言。







































白衣さんG17

ではまた次回。